BLOG新着記事

ご無沙汰しております。

産休後、サロンを再開したのもつかの間

新型コロナウイルス拡大の影響にて、現在サロンを休業させていただいております。

再開を日々検討しているのですが

保育園も家庭保育の要請の延長が度々続いている状況です。

はやく皆さんの施術をさせていただきたい!という気持ちを抑えて



来月6月2日より営業を再開致します!

もちろん、今後のコロナウイルス拡大が大きく変わるようなことがあれば

また変更せざるを得なくなる可能性もございますが

そうならないよう祈るばかりです。



6月2日からのご予約を本日よりメールにて承ります。

(お電話は繋がらない時間帯がございます。)


2011年6月2日 Pithikaはオープンしました。

節目の年、10年目に入ります。

私個人の生活も大きく変わり 世の中もこんなに環境が変わりましたが

ここからまた新しい風が吹いていくような気がします。


2020春2.JPG



まずは 

はやく笑顔のありふれた日本に戻りたいですね。


2020春.JPG

みなさんとお会いできる日を心待ちにしております。

今回の出産で一番考えた、長女にとって

家族に弟を迎えること。

急に赤ちゃんがおうちに来た。という感じにだけはしたくなかった。

そんなの大人でも戸惑うよね。今日から家族だよ、なんて。

一歳だって話せば理解してくれる、私はそう思っていたので

妊娠中から弟のことを長女に話していた。

お腹の弟に手を当てたり、

おっぱいを吸っている時に私のお腹が張ると

赤ちゃんが痛いって言ってるから

終わりにしようというと大好きなおっぱいを離してくれるようにもなった。

そして、私のお世話になっている産院では

帝王切開の手術もガラス越しに立ち会いできる。

長女には必ず見てほしかった。

手術中、じーっと見ていた娘。

自分の時の事も思い出していたかな。ママのお腹から産まれてきたこと。

そして、新たな命が誕生すること。

きっと理解してくれたと思う。

その日は家に帰ってからも特に夜泣きなくパパと眠り

次の日病室に会いにきた長女。

病室に入るなり、ギャン泣きで私の隣に座らせても目をそらす。

思い出したかな、我慢してたのが溢れたかな。

今日は弟と面会するのはやめて

パパとママで愛情いっぱい包もう。

久しぶりの授乳も。ヒクヒク泣きながら必死におっぱいを吸う。

お姉ちゃんになって頑張ってるよね、ありがとう。

涙がボトボト落ちながら授乳をする。

寝落ちするまで必死におっぱいを吸って

目が覚めた時には元気になっていた。

次の日、大丈夫そうだなと様子を見て弟と面会。

長女はなでなですると頭を触りたがる。

ちょっと照れくさそう。

この日も長女に授乳をして私が長女をなでなでする。

その次の日は、もっと積極的に自分から近寄りなでなでして

抱きかかえ立ち上がろうとしている。

2DDD6E31-7681-41F9-A547-38F4176B92A0.jpeg

もうなんて愛しい、我が子たち。

もう大丈夫!そう思った時、息子が泣いてる時に長女に聞く

おっぱいあげていい?

うんうん!と頷く。


やっと心配は消えたけど、絶対見逃さないように。

甘えたいな、って時は思いっきり甘えさせたい。

お姉ちゃんだから、

なんて言葉は使いたくない。


3B76D1A3-3B92-4B61-8531-C3C80734A6E8.jpeg

私にとってはまだ長女も長男も赤ちゃんだから。

まだ赤ちゃんでいいんだよ。

年子妊娠はきついだろうし、

年子子育てはもっと大変だろうと予想はしていたけれど

本当に何度も投げ出したくなるくらいきつかった。。。

体力的にも精神的にも思う通りにいかないなかの0歳児育児。

ホルモンバランスの乱れのせいもあるのか

長女の子育てにイライラして怒鳴ってしまうことも多々あったり。

きつかった妊娠中の0歳児育児ももう終わり。

一歳2ヶ月の長女は最近、私の言う事もだいぶ理解してきている気がする

家に急に赤ちゃんが現れて戸惑うという状況にしたくなかったので

少しずつ、お腹の中の赤ちゃんに一緒に話しかけるようにした。

下の子の名前を呼びながら、どこにいる?と聞くと

お腹に手を当ててくれるまでになった。

FB4E5EBB-AD37-418C-B767-172A32B58EC4.jpeg

そして、もうすぐって事も察してるのかな。

最近夜泣きがまたひどくなった。

下の子のことを教えるのは一日一回くらいにして

なるべく、長女に愛情を伝える。

日中ぐずったり騒がしい時は、あぁきついと思うけれど

夜泣きの時、引き寄せてぎゅっとすると、スーっと寝てくれる寝顔は

愛しくてたまらない。



最後の方は、なかなか体調も優れなかったけど

出来る限りのことを私なりに。。。



ふたりめ、どんな子が生まれてくるなかな。

そして、長女はどんなお姉ちゃんになるのかな。

変化ありまくりのここ数年、

貴重な時間をなるべく見落とさないように

ゆっくりとした時も過ごしたいな、と思っています。


また、報告しますね。